ひょうたん について


ひょうたん の無臭種抜き法についての検討(2003.11.03公開)

 今年の春に庭の片隅に2本の千成ひょうたん を植えた。9月末に収穫したのだが、思ったよりも多くの収穫を得た。ひょうたん は、収穫後、その内部の果肉を取り除かなければならない。そこで、参考文献1をお手本にして、収穫物を水漬けにした。
 1週間ほど、バケツで水漬けしたところ、参考文献1に書かれていたとおり、果肉が腐り、その悪臭は強烈なものであった。これは嫌気性菌による酪酸発酵によるものと思われる。水道水を流しながら、腐敗した果肉の洗浄と種出しを行ったが、これは、悪臭と戦いながらの苦痛と忍耐の作業であった。また、手についた臭いは、何度も何度も石鹸で洗っても落ちないしつこいものであった。
 これではいけないと思い、いくつか余っていた収穫物の千成ひょうたん を使い、ミミズコンポストを応用して、この作業を無臭化する方法について検討した。その結果についてここに報告する。ミミズコンポストについては、参考文献2を読んで頂きたい。

材料

釣り餌用のミミズ1箱釣り道具屋で300円程度
素焼き植木鉢1つ上部の直径18cm
おが屑適量ハムスターなどの飼育用に使われるもの
千成ひょうたん 6個長さ8cm前後

方法

  1. それぞれの千成ひょうたん の口の部分にドリルで5mmの孔を開けた。
  2. 植木鉢に底石を置き、鉢の底に、買ってきた釣り餌用のミミズを入れた。この時、緩衝材として一緒に詰められていた泥(青みかかった灰白色で粘土鉱物?)も一緒に入れた。
    ミミズ
  3. 孔を開けた ひょうたん の口を下にして、鉢に並べた。
  4. ひょうたん を覆うようにおが屑を入れた。
    図1
  5. この状態で、直射日光が当たらない暖かい場所に置き、約3週間、この状態で保管した。この間、内部が乾燥しない程度に、水分管理を行った。

結果

約3週間後に、植木鉢から ひょうたん を取り出し、外見及び内部の状態を観察した。
  1. 植木鉢を上から見たところ。
    写真1
  2. 取り出した ひょうたん 。表面の薄皮は程よく軟化しており、おが屑で擦ると、きれいに取り除くことができた。
    写真2
  3. 取り出した ひょうたん を縦に2つに切断した。内部の果肉部分はミミズに全部食べられ、完全に無くなっており、種のみが残っていた。臭いについては、ミミズ独特の生臭い臭気があったが、水漬けした時の強烈な悪臭に比べると、遥かに穏やかなものであった。
    写真3
  4. 上記の縦半分に切断した ひょうたん を水洗いしたもの。水洗いでミミズ独特の生臭い臭気はなくなった。内側の表面には、特に異常はなく、きれいであった。
    写真4

考察と今後の課題

 多少、ミミズ独特の生臭い臭気はあるものの ひょうたん の無臭種抜きという、初期の目的は、達成することができた。
 しかし、今回が初めての取り組みで、しかも実験の規模も小さいので、更なる技術の完成には、今後、以下のような課題について検討する必要がある。

参考文献

  1. [増補改訂版]これからはひょうたんがおもしろい
  2. だれでもできるミミズで生ごみリサイクル
    ミミズに学ぶ環境学習

[戻る]